TERUFUMIZM

はじめに感じたままで、そのままでいいさ♪(^-^)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
博くんのmixiを覗いてみたら、僕が昔やっていたホームページの中の「二人の馴れ初め物語」を許可なくアップしていたw(°0°)w

色々話し合って新しいDSを買ってもいいと言うので和解しました。

その思い出話の「二人の馴れ初め物語」は、僕の元妻のプライバシーのことと普通には理解しがたい内容なので封印したのですが、改めて読み返すと当時の事がよみがえってきて「これも“あり”かなぁ♪」と思ったので、このブログでも紹介します。

一気にアップしたので長く退屈な内容ですが、良かったら感想など宜しくお願いしますね(*^_^*)

では、はじまりはじまり♪

◆◇◆ 「ずっと、ふたりで」 全十二章 ◆◇◆


◆◇◆第一章 プロフのないレスポンス ◆◇◆

2002年12月19日、当時の俺(輝文)は『生きる』ことの全てに嫌気がさしていた。
その日、出会い系で断られた苛立ちと、独りでいることの寂しさをまぎらわすように某営業系発展場に行った。
携帯の出会い系サイトの掲示板に『○○○へ今から行きます、誰か来ませんか?』とプロフィールも載せずに書き込んだ。

『今から行くよ、まだ居るの?』

たった一行のプロフの無い返信に期待はしていなかったが、それが妙に嬉しかった。
結局、何回かやり取りをして会うことになった。

それが博一との最初の出会いです。

第一印象は、照れくさそうに笑う目が、少し寂しそうで『悪いヤツじゃないな』と俺は思った。
で、博一の方は『まあまあかなぁ…。』と思ったらしい。

◆◇◆第二章 お揃いの靴 ◆◇◆

あれから何回か会っているうちに、俺は博一に自分の仕事のことや幼い頃のことを色々話した。
そう云えば昔、『相手が自分の幼い頃の話をしてきたら“気がある”証拠だ!』と誰かが言っていたのを思い出した。

そう、俺はすっかり惚れていた。

博一が、突然「自分らって付き合ってるとか…そう云う感じ…なのかな?」と自信なさ気に聞いてきた。

「別に俺は…俺は、博一にとって都合のいい男で、それでいいんだけど…。」

「そっかぁ…」と博一はお揃いの靴を見つめたまま「じゃあ“付き合ってる”ってことで♪」と笑った。

でもこの時、ふたりにはクチに出せば“別れ”になる秘密を抱えていた。

◆◇◆第三章 ひび割れた時間 ◆◇◆

考えてみたら、博一と出会った日から俺は他の誰かと寝ていない、それまでは名前も知らない誰かと毎晩のように寂しさを紛らわしていた。
そう、あの頃と違ってまるで博一が、雨雲を蹴ちらす虹のように俺の心を晴れやかにしてくれた。

ある週末の夜、ふたりで映画を観に行った帰り道、博一が「話があるからファミレスに行きたい」と呟いた。
食事も済んでテーブルの食器は、コーヒーカップを残して下げられたというのに、さっき観た映画の話しばかりで肝心な“話し”には触れない、

ゆっくりと穏やかに流れる店内の曲と博一の笑顔に、俺も『まぁいいか…』と思い少し笑った。

いつもより強い口調で、思い立ったように博一が「悪いけど今日はここを出たら直ぐに帰るよ」

驚いた俺は「そっか…でも、どうして?」と言い終わる前に

「友達が部屋で待ってるんだ…ごめんね」

誰も居ない部屋で待たすことが出来る友達がいない俺は少し戸惑った。

取り繕って俺が「じゃあ友達が心配しているだろうから早く出ようか?」と立ち上がろうとすると

「そうじゃなくて…セフレ君(セックスフレンド)だから…。」と博一が目を伏せた。

一瞬、時間が止まった。

震える声が涙にかわるまえに強がっ笑顔で「俺、前にも言ったように博一にとって“都合のいい男”でいいから…。」

それなのに博一は、追い打ちをかけるように

「セフレ君は一人だけじゃないんだ…でも…。」


もう、限界だ…


俺の中に住むもう一人の俺が低い声でゆっくりと言葉を吐いた。


「いいんだ、俺も家に帰れば妻が居るから、気にすることないよ。」


止まった時間がひび割れて砕け落ちた。


◆◇◆第四章 ルール ◆◇◆

子供の頃の俺は、まるで女の子のように、おとなしく目立たない存在だった。
それが思春期の頃に、悪いことばかり気になり『カッコイイ?』なんてその気になって浮かれてた。

17歳の時、幼なじみの紹介で知り合ったのが『りーちゃん』。
彼女のアッケラカンとした性格は周りの人を和ませた、そして、俺自身のセクシュアリティーさえも忘れさせてくれた。
彼女と知り合ってから彼女以外の人に興味が無くなった。
「エッチなんて、いらないわ。」と優しく笑う彼女と数年後、迷うことなく結婚した。
全てが幸せに向かっていると信じていた、がむしゃらな俺の目は真っ直ぐ前だけを見ていた。

精神科のカウンセリングを受けながらも、廃人のように一日中ネットゲームで遠距離恋愛の彼氏と遊んでいる彼女の生活は、もう半年以上続いている。

彼女が、こんなふうになってしまったのは、彼女の優しさに気付かなかった俺のせいなのかもしれない。
専業主婦だった彼女がパートの面接を受けた時、激しい吐き気と震えが止まらずに倒れた。

ずっと心に闇を抱えていたのだろう。

はじめて彼女から病気のこと、彼氏のこと、そして俺に対する気持ちを聞かされた日、俺が今まで生きてきた事実も嘘のように感じた。

そして、俺自身の存在が誰なのかさえ分からなくなった。

まともに話し合うことが出来ない彼女と、何度も話し合った結果『生活は助け合い、恋愛は自由に。』これが彼女とのルール。

彼女に生活費と治療費の他に月々五万円を渡す暮らしを、世間の人が聞いたら『狂ってるよ』と言われそうだが、これが彼女への償いだった。そして、何よりこの現実から逃げ出したかった。

あんなに愛していたのに。


愛犬ビリーの散歩の途中、公園のベンチに座りタバコに火を点けたとき、
俺の携帯からメール着信音が久しぶりに鳴った。

『あれから二週間が経ちますが、お元気ですか?話したいことがあるので今夜会いませんか?』

博一からだ。突然のメールに驚きと嬉しさが一気に込み上げてきた

『了解、今夜七時三十分いつも場所で』…送信。

◆◇◆第五章 肉じゃがの隠し味 ◆◇◆

ここまで書いていて、なんだか小説チックになってしまったけれど、
これはこれでヨシとして、続きを書きます。

博一は、それなりに恵まれた家庭で育ち、学生のころ掲示板で知り合った男達と確かめ合っていた。
後に8年間の“通い妻”的な同棲をしていた彼氏と一途な恋をするが色々あって別れた。
それでも『まだまだイケる!』と晩年の狂い咲きで、あちこちにセフレ君を作っていた。
そして、そんな生活の中で虚しさを感じていた頃に、俺と出会った。


車で20分くらい走ったところにあるアミューズメントパークの駐車場が、いつも二人の待ち合わせ場所。

約束の時間に遅れることなく到着して、博一の車に近寄ると、照れくさそうなあの笑顔。
いきなり重箱くらいの大きな弁当箱を差し出して「これ、肉じゃが、好きだって言ってたよね♪」
笑えたけど取りあえず食べた。

博一はあの日、相思相愛の真面目な付き合いにする為に、セフレ君達に別れを告げる決心を俺に話そうとしていた。
そして、とんでもない展開に戸惑っていたことと今の気持ちを俺に話した。

俺も隠さずに、すべてを話した。

こうして、仕事が終わったらコンビにで食糧等を買って、外に出ることが困難なりーちゃんに渡したら直ぐ博一の部屋に帰り、二人で夕飯を食べて、朝起きて職場に直行する生活が始まった。

◆◇◆第六章 食べかけのサンドイッチ ◆◇◆

仕事帰り、いつものようにコンビニの袋をりーちゃんに渡したら、奪い取るように受け取って、そのまま壁に投げつけた。

「笑いなさいよ!私が彼氏と別れたこと知ってるんでしょ!」

そう言って泣き崩れた。

俺は気付かなかった、そして、どうすればいいのかさえ分からなかった。

その数時間後、「さっきはごめん、博くんが心配してると思うから行ってあげて、輝文が心配するような事はしないから大丈夫よ、私は女だから博くんの気持ちが分かるの。」

そう言われて「はい、そうですか」と部屋を出ていく俺は間違っているかもしれないが、博一のところへ逃げるように向った。

すると今度は博一が「今日だけは、りーちゃんの側に居てあげなよ、もしものことがあったら助けてあげられるのは輝文なんだから。」

そしてまた俺は、引き返し社宅に戻る。

りーちゃんが博一のことを色々と聞いてきた。

俺は正直に全部話した。

食べかけのサンドイッチを置いてリーちゃんは他人事のように言った、「なんだかドラマみたいね。これから、どうなるんだろう。」

それは、博一のとんでもない計画によって展開された。

<続きは次のページです>>

⇒続きを読む

スポンサーサイト

輝文

Author:輝文
2004のイベントで結婚式を挙げたトキメキは、もうすっかり冷めてしまった今日この頃( -_-)
そうだ♪
レンジでチンしてみようかな(^^)b


*script by KT*

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。