TERUFUMIZM

はじめに感じたままで、そのままでいいさ♪(^-^)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、お元気ですか?僕は、まぁ・・・元気です。

でもそれって、ホントは色々あって大変だったりするけれど、心配かけたくないし、詳しく話すにも上手く説明できなかったりで、とりあえず「元気です。」って笑ってしまうんですよね。

うん・・・そうですね、不景気ですよね、博一の会社も大変で、色々喜ばしくないです。

本題は、いや問題は、先日、姉貴から電話がありました。

「アンタが離婚したことも、仕事を辞めたことも、男と暮らしてることも、みんな母さんにバレたから」

家族のなかで、唯一僕の現状を把握している姉貴は自分のことのように心配してくれてた。

でもね、数年前、僕が親に離婚や退職や博くんのことを話そうとしたとき、「病弱で生活も苦しい親に、アンタの事で心配かけさせたくないの」と口止めしたのは姉貴だから・・・。

違うかぁ・・・、それを「はい、そうですね♪」と納得した僕の責任だよね。

はぁ・・・・親に何て説明しよう・・「僕のブログを読んで♪」とでも言ってみようかな(笑


で、先日の話(最近の)、博一の元彼で僕の義理の兄的存在のヒロシ君がPCを買ってね。
それで博一が立ち上げの手伝いに一緒に行こうと云うけれど、「兄弟水入らずでヨロシク♪」と断わって僕が一人で帰った日の話ね。

電車の窓をボーっと見ていたら携帯が鳴ってね、「輝文?アンタ離婚したんだって?」イキナリ母親らしい唐突な物言い

「あぁ・・・・・ごめん」それしか言えなかった。

「このあいだシゲちゃんのお母さんに会ってね、アンタが離婚したって言うからビックリしたわよ」

「そうなんだぁ・・・ごめん」

「別に謝る事ないけれど・・で、アンタ元気なの?」

「まぁ・・元気かな」

「あ、そう、だったらいいわ、またね。」

そう言って、プチッと切れた。


乗り換えのため名古屋駅で降りて、賑やかな人なみを歩いていたら『このまま、何処か遠くに行こうかなぁ・・』なんて思った。

自宅の最寄の駅に着く頃、メール着信音が鳴った

「兄貴おひさしぶり、義理姉ちゃんと別れたんだってね、捨てられちゃったのは兄貴?ご愁傷さま。お互いシングルライフを楽しみましょう」

てっきり博一からだと思ったら弟からのメールだった。ホント兄弟って似るものだと実感した。

博一が遅い時間に帰ってきた、お土産がないところをみると"オイタ"は、してなさそうだ『まぁ・・風化した元彼は兄弟みたいなものなのかなぁ・・』と思ったり。


ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ GBr
スポンサーサイト

輝文

Author:輝文
2004のイベントで結婚式を挙げたトキメキは、もうすっかり冷めてしまった今日この頃( -_-)
そうだ♪
レンジでチンしてみようかな(^^)b


*script by KT*

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。